feliz dia

毎日を少しでも楽しく過ごせるように目指している人のブログです

画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

《All Stars5》フィナーレ “All Star Eleganza” の豪華ルック紹介

f:id:feliz-dia:20200730143356j:plain

 

先日終了したルポールのドラァグレース  オールスターズ5。フィナーレのランウェイ後、何が驚いたって、審査員のCarson Kressley(カーソン・クレスリー)が「今までのランウェイで一番素晴らしい」と恍惚な表情で褒めたこと!このランウェイを作り上げた誰しもが聞いて嬉しい言葉ですよね。

そんなオールスターズ5、フィナーレのランウェイで、個人的フォーリンラブなルックのみご紹介♡

 

 

Ongina(オンジャイナ) 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

ONGINA(@ongina)がシェアした投稿 -

 

Ongina(オンジャイナ)のフィナーレ・ルックは、自身が出演していたルポールのドラァグレース  シーズン1のリユニオンから着想を得たもの。

 

この投稿で彼女は、昔からのファンとオールスターズ5からの新しいファンへ、「沢山の愛とサポートを本当にありがとう!オールスターズ5での戦いは、自分で思っていたよりも早く終わってしまったけど、本当の私を披露出来て幸せよ」とコメント。

 

そして関わってくれたスタッフへの感謝も。「とても多くの人がオールスターズ撮影前後の作業に協力してくれました。坊主の小さなクイーンが心の底から言いたいと思います---ありがとう!!!!!」

 

Mayhem Miller(メイヘム・ミラー)

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Mayhem Miller(@theonlymayhem)がシェアした投稿 -

 

メイヘムはThatch-Work Designsによるタンジェリン・カラーのジャンプスーツをセレクト!オーバーサイズのトップス部分とパンツのコントラストがお洒落!SNSではオールスターズ5に関して、熱い胸の内を語っています。

 

「毎年撮影の連絡を待っていて、シーズン10が遂に決まりました。また電話が鳴ってRuPaul's Drag Race Holi-slay Spectacular(ルポールのドラァグ・レース:ホリデースペシャル)への出演が決まり、また電話が鳴ってRuPaul's Secret Celebrity Drag Race(ル・ポールのドラァグ・レース:秘密の有名人)が決まり、そしてまた電話が鳴り、今度はオールスターズ5への出演が決まりました!!

 

求めている事はあなたが望む方法で起こらないかもしれない...あなたが望むときに起こらないかもしれない...でもあなたがもしその仕事を引き受けるなら、一生懸命取り組んで自分自身を信じて...夢は叶うから!!!

 

ルポール、そしてドラァグレース、私に壮大な夢を実現する機会を与えてくれてありがとう。ここ数年私を信じてくれた家族、友人、ファンのみんなにも感謝します。私の人生とドラァグには多くの浮き沈みがあったけれど、皆さんの助けがあって”メイヘム”を作り出すことが出来た。このパーティーが終わって以降が もっと楽しみ!」

 

India Ferrah(インディア・フェラー)

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

𝕀ℕ𝔻𝕀𝔸 𝔽𝔼ℝℝ𝔸ℍ(@indiaferrah)がシェアした投稿 -

 

インディアがなかなかフィナーレのルックをSNSに上げないなぁ~と思っていたら、こんなに思いのこもった長文を用意していました。そっか、色んな事があったんだね。

 

「オールスターズ5出演決定の電話を受けた時、自分の人生が変わるって分かった。私たちは今、シーズン3の時とは違う時代におり、私は人生がとても厳しいものだったので、今回のドラァグレースに何をもたらすのか誰も想像できなかった。

 

多くの人は、私が過去10年の間にアルコールと薬物乱用により何を経験したか、そして現在5年半以上に渡ってシラフになったことを知らないでしょう。この苦しみは私に多くの事を教えてくれたし、そして私は何年にも渡って自分の過ち全てから成長することが出来ました。私はこの”旅”で、他の人にだけでなく自分自身にも証明することが沢山ありました。私は非常にうまく証明出来たと思います。

 

熱心なファンたちはヘイトと殺害脅迫にとても夢中だから、ほとんどの人にとって2020年はパーフェクトな年ではないかもね。娯楽目的で放送されたテレビドラマに少し過剰に気を取られた人々。ドラァグレースの同窓生が、私にヘイトのシャワーを浴びせている姿を見るのは悲しいけれど、心配しないで。これによって、人々の”真の色”と”真の姿”を見ることができたから。私の視界は今良好だし、もはや誰から認められようともしていないから、とても恵まれている。だからヘイトを広げることで、私を絶えず傷つけることが出来るなんて思わないで。その行為はあなたの性格を世の中に証明するだけ。

 

テレビはあなたに見て欲しいものだけを放送するかもしれないけど、私はみんなと一緒に撮影した全ての瞬間、悪い点も良い点も楽しかった。何故なら、何で自分がこれをしているのか、カメラの内外で起こった全てが、私が永遠に大切にすべき思い出であると思い出させてくれたから。

 

ファンのみんな、この素晴らしい冒険に参加してくれて、たくさんの愛をありがとう! このパンデミックが終了した後、皆と直接会うのが待ちきれない。今シーズンに出演した全員に祝福を。そして私たちの女王シェー、おめでとう!!! とても幸せで誇りに思います! これから私たちに何が待ち受けているのか楽しみ!」

 

Blair St. Clair(ブレア・セント・クレア)

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Blair St. Clair(@blairst.clair)がシェアした投稿 -

 

ブレアのこのフィナーレ・ルックが素敵すぎて!中世ヨーロッパの騎士とプリンセスを融合させたようなデザインにフォーリンラブ♡こんなにビーズで飾られてて重いんだろうな~

制作は今回のフィナーレでジュジュビー、クラッカーのコスチュームも手掛けているDiego Montoya。ウィッグがさり気なく王冠の形になっているのもオシャレ!こちらはロンドンを拠点に活動しているWig Chapelの作品です。オンラインショップではスタンダードな物が販売されていますが、オーダーメイド作品が素晴らしいので、気になる方はオーダーしてみては?

今回のブレアのコスチュームに関してはこのアカウントが詳しく纏めてくれているので是非チェックしてください。ブレアのインスタでは、フィナーレのメイク動画も見れますよ。

 

Miz Cracker(ミズ・クラッカー)

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Miz Cracker(@miz_cracker)がシェアした投稿 -

 

頭から爪先までオールピンクで統一したクラッカーのコスチューム。パールがアクセントになっていて、ヘッドピースのサイドを彩るパールは、小雨のように降り注いでくるようなデザインがとってもロマンチック!「今夜ロシアの伝統を披露できたことを誇りに思うし、ユダヤ人であることを誇りに思う。」とコメントしています。今回のフィナーレでジュジュビー、ブレアのコスチュームも作っているDiego Montoyaが衣装制作を担当。

 

オールスターズ5に関してクラッカーは「この1年はジェットコースターのようだった。私を成功に導いたものの1つは、全てが上手くいくといつも感じさせてくれるジュジュビーとの6,000回にも渡る電話。今シーズン私の最大の賞の1つは、この可笑しい人間との友情ね。」

 

Jujubee(ジュジュビー)

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Diego Montoya(@diegomontoyastudio)がシェアした投稿 -

 

ジュジュビーのバックグラウンドであるタイとラオスの民族衣装からインスパイアされたようなフィナーレのルック。

今回のフィナーレで、ブレアとクラッカーの衣装も制作しているデザイナーの作品ですが、ブレアがシルバー刺繍なら、ジュジュビーはゴールドの刺繍。これがジュジュビーの褐色の肌とエキゾチックな雰囲気にピッタリ ハマっています。

全身に豪華に施されたビーズ刺繍を、肩に掛けた鮮やかなオレンジ色のサッシュが引き締めていて、素材も重厚感があってピッタリ。Diego Montoyaの作品は本当に凄いですね…服に合わせてヘッドピースやマスクまでも、服に負けない存在感で作れるのが強み。

 

ちなみにジュジュビーが登場した瞬間、ルポールからは「オーマイグッドネス!ザッツゴーーーージャス!!」と悲鳴が上がりました(笑)

 

Shea Couleé(シェー・クーレー)

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Shea Couleé(@sheacoulee)がシェアした投稿 -

 

テーマは”Bubblegum Balenciaga Fantasy(バブルガム・バレンシアガ・ファンタジー)”。シェーのお母さんのプロムドレスからインスパイアされた物で、「最も純粋な形の私のドラァグは、黒人女性へのラブレター」とコメント。

 

また今回の優勝を受け、「私が受けたすべての愛とサポートにとても感謝しています。非常に素晴らしい旅でした。初のシカゴ出身の優勝者として殿堂入り出来て、感謝の気持ちでいっぱいです。」とコメント。

 

ちなみに制作を担当したVIKTOR LUNAはこのドレスに関して、「1950年代のChristobal Balenciaga(クリストバル・バレンシアガ)のバブルドレスと、彼が作った有名なウェディング・ドレスを参考にしました。オートクチュールのGIVENCHY(ジバンシー)の、リボンバックパックも参考にしています。昔の魅力と功利主義的な雰囲気を加えたかったので、ショルダーストラップが見えるようになっています。

フィナーレに彼女がこのドレスを選んでくれて本当に嬉しい。何故ならこれはTVの為のドレスだと思うから。このドラマとヘアー、スタイルがすべてを際立たせたね!」とコメントしています。